今月6/16には25歳になるリンノスケです。意外と大人でしょ。

誰かに「おもしろいことしよう」とお誘いを頂く機会も増えてきましたが、その人が面白くない(魅力がない)とおもしろいものは作れない。あなたのことを言っているわけではありません。架空の人物を指して言っているので気にしないでください。

 

 

 

 

 僕が最近おもしろいものと思うのはカルチャーについて。どこかの大人たちが昔の~~大生は朝まで飲んだくれてディスカッションをしていたという話を聞き、興味深いのでリンノスケは飲み屋で左耳を傾けていました。

 

 

 

 

 

今の大学生って、というか2年前まで大学生だった自分はどうだったのかと心の中のリンノスケに問うと、あんまりだったなあ。そもそも酒がそんなに強くない。けど飲みに行くことは好き。それでも周りの大学生に比べれば実のある話はどちらかといえばしてたと思う。どちらかといえばだよ。だってすすきのにいる偽エグザイルみたいな奴らやインスタのストーリーズばかりに投稿するパンケーキ大好きっ子ちゃん達とはわかりあえないから。表面上は可能だよ。表面上は。

 

 

 

 

 

話がそれた。札幌っていいところなんですよ。まだまだ知らない世界がある。そこに自分が到達できていないだけ。恥じることではないが恥じる。新しいカルチャーをっていう奴こそ到達できてない世界があるよきっと。最近東京に行ってきたけど、ライフスタイルを提供するような店ばっかりだな。コーヒーを飲んで喫茶店を出ると、「生活とファッションの店・・・」。いいか、騙されるな。お前ら日本人だから全員騙されやすいんだ。先導されているんだぞ。それは「空港のインフォメーションセンター」に過ぎない。表面でしかない。

 

 

 

 

 

俺はそのインフォメーションセンターの知らない店員に教えてもらう情報より、漁師に風向きを聞くほうが好きだ。そこの漁師よ、俺に風向きを教えてくれ。